転職サイトとハローワークの活用

いざ転職活動に取り組もうという時に、使うべきはハローワークと転職サイトのどちらでしょう。両方とも登録した上で、実際に使って判断するといいでしょう。ハローワークも登録サイトも、いずれも長所と短所があり、一概にどちらがいいとはいえません。最近は、数多くの就職サイトがあります。規模も求人内容も、サポートの仕方もサイトによって違うので、幾つか選んで登録しましょう。業種を限定して求職情報を掲載しているサイトや、ある地域の求人情報を掲載しているサイトなど、特性はサイトによって色々です。

 

探したい求人情報が載っていそうなところを見つくろって登録してみましょう。大抵の転職サイトは、求人情報を閲覧できるだけでなく、自分の履歴書やプロフィールからオファーを待つこともできます。職務経歴や資格が充実している人にとっては転職の可能性が広がります。地元の企業や、中小企業はハローワークに求人を出すことが多いため、ハローワークでなければ見つからない求人もあります。もしも地元で転職したいと思っているなら、ハローワークを利用するといいでしょう。ハローワークの仲介で来た人を、真っ先に採用しているという企業もあるといいます。

 

これは、ハローワークから紹介された人を雇い入れた会社には、補助金が出るというシステムがあるからです。職業訓練についての案内や、転職活動のためのセミナーなども、ハローワークの主催で定期的に開かれている場合があります。就職が難しい不景気の昨今では、就職支援が充実してきています。転職活動を成功させるには、ハローワークや転職サイトからの情報をきちんと集めて、自分に合うものを見つけることです。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。